総合研究棟5月写真

2015年度 物理工学教育プログラム:ニュース

>ホーム

物理工学コースの学生3名が第13回ナノ学会大会で若手優秀ポスター発表賞を受賞2015/5/15

2015年5月11日(月)から13日(水)まで東北大学で開催された第13回ナノ学会大会で、 工学府物理情報工学専攻物理工学コースの学生3名が若手優秀ポスター発表賞を受賞しました。 受賞者は以下の方々です。

 青木 翼さん(修士1年、指導担当 大野かおる教授)
       講演題目「GW+Bethe-Salpeter方程式によるXANESスペクトルの第一原理計算」

 森本翔大さん(修士2年、指導担当 一柳優子准教授)
       講演題目「機能化した磁性ナノ微粒子を用いたマウス肝臓の質量分析イメージング」

 山崎貴大さん(修士2年、指導担当 一柳優子准教授)
       講演題目「Coドープしたデラフォサイト型AgFeO2ナノ微粒子の作製と磁化測定」

 
受賞者11名中3名が横浜国立大学という快挙となりました。